離婚慰謝料弁護士ガイド

離婚問題専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

5分でわかる:離婚でもめる、『不貞行為』はどんな行為?のアイキャッチ

5分でわかる:離婚でもめる、『不貞行為』はどんな行為?

5分でわかる:離婚でもめる、『不貞行為』はどんな行為?のアイキャッチ

 不貞行為について言及する前に、皆さんは「浮気」と「不倫」の違いをご存知でしょうか。端的に言うと、「浮気」は独身者に使われ、「不倫」は既婚者に使われます。
 では、今回のテーマである「不貞行為」は、どのような行為を指すのでしょうか。

不貞行為

不貞行為は、「配偶者が自由な意思に基いて、配偶者以外の者と性関係を結ぶこと」と定められています。不貞行為があった場合、相手方、さらに不倫相手に対しても慰謝料を請求することが出来ます。

具体的な不貞行為

不貞行為の『性関係』による法的効力を持たせるためには、以下の条件が必要です。
① 3回以上のラブホテルへの出入り写真
② 最低でも40分以上のラブホテルでの滞在時間
③ 不倫関係の場合、5回以上の浮気相手の家への出入りの写真
※シティホテルはツインやダブルに一人で滞在した、と言い訳が出来るので、ラブホテルであることが必要です。

不貞行為の証拠集め

 ここで注意していただきたいのが、上述の不貞行為の証拠を個人で収集するのはあまり現実的ではないということです。
 ですが、「裁判を起こすほどではない」離婚=協議離婚(話し合いの離婚)の際に優位に立つ可能性が高くなるチェックポイントもご紹介します。
・ポケットや財布の中
・クレジットカードの明細
・携帯電話のメール、LINE、通話履歴
・カーナビの履歴
証拠集めについてはこちらで仔細にご紹介していますので、どうぞご覧ください。

不貞行為

不貞行為の種類

 不貞行為=セックス、と思い込んでいらっしゃる方はいませんか? 実は、不貞行為はそれだけではないのです。

風俗

 全ての風俗が不貞行為に当てはまるわけではありません。風俗の中でも唯一セックスが黙認されているソープランドは、その利用が不貞行為に相当します。
 いわゆる“本番”がないオーラルセックスでも、「性交渉に類似する行為」として不貞行為とみなされることがあります。

「性交渉に類似する行為」

 これは、人により捉え方が様々なため紛糾するポイントではありますが、単純に言うと、下半身が絡むかどうか、が境界線上とされています。例えばキスならOKですが、オーラルセックスはNG、といった具合です。

強姦

 強姦、脅迫等により強要された場合は、もちろん不貞行為には当たりません。ですが、強姦をした側は自分の意思によりセックスをしたわけですので、不貞行為に当たります。

まとめ

つまり、不貞行為と見なされやすい条件をまとめると、
・本人の意思で性行為に及んだ場合
・肉体関係を断続的にもっている場合
・不特定の相手との売春・買春
が挙げられます。

<終わりに>

 「不貞行為」について、かなり深くまで突っ込みました。ですが、デリケートな問題ですので、司法上もケースバイケースで対応している、というのが実際のところのようです。
 司法までゆかずとも、離婚(協議離婚)する際、この記事を元に優位に話し合いを運んでいただければ嬉しく思います。

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。